\楽天roomやってるよ/

目のエイジングケアでいつまでも若々しく!

こんばんは。りこです☺

老化現象がとまりません。

何をおいてもエイジング対策が気になるアラフィフ世代。

もちろん目元のケアはバッチリですよね?でもそれは外側の話。

実は目は、その「中」にじわりじわりとエイジングが広がっていて、それが老けの原因になっているかも。

肌と同じく、潤いが不足してくる目の中に踏み込んだケアで、若々しさを保ちましょう。

 

1 エイジングサイン

1-1 見えずらい

  1. スマホの小さい字が読めない、ピントがぼやける、夕方になると目がかすむ・・・それはずばり「老眼」の始まり。老眼は加齢によって目の調整力が衰える自然の摂理。矯正するしか方法はありません。まだ早い、と我慢していると眼精疲労が重なって頭痛や肩こりに悩むことも。遠近両用レンズは40歳前後の老眼初期から使用すると適応しやすいとされているので、早めに眼科に相談してみましょう。
  2. 遠近両用のメガネやコンタクトは度数の設定が複雑です。ひどい眼精疲労で吐き気などを訴える患者さんの多くが、度数が合わない矯正が原因です。眼科で視力を性格に測り、近くを見る時間の長さなどライフスタイルまで含めてカウンセリングを受けて、近くを見るときだけ老眼鏡を掛けるのか、コンタクトレンズと併用するのかなど、細かいところまで相談してみましょう。
  3. コンタクトに慣れている人には遠近両用タイプのレンズもあります。ただ、コンタクトレンズはドライアイになりやすく、結膜の炎症や角膜の傷を引き起こすこともあるのが難点です。できれば乾きにくいハードレンズがおすすめですが、ソフトレンズも最近は酸素透過率が高く、乾きにくい製品が出ています。いずれにしても長時間の使用は控え、家ではメガネに変えるなどの工夫をした方が良いでしょう。

 

MEMO
目の調節力の低下で起こる老眼には早めの対処を!

 

1-2 「充血」「疲れやすい」「ゴロゴロ」「目のかすみ」

  1. 夕方になると目がかすむのは、老眼だけでなくドライアイが原因のこともあります。本来、涙液が目の表面を均一に覆って守り、酸素と栄養を供給していますが、これがさまざまな要因により減少してしまうのです。10秒以上目を開けっぱなしにできなかったらドライアイの疑いがあると言われています。十分な涙の量と、涙液の層が保たれていないと表面に傷ができて充血したり、視力低下を招きます。原因を見つけ適切に対処することが重要です。
  2. ドライアイには2つのタイプがあります。ひとつは涙が十分に分泌されない「涙の量」に異常があるタイプ。もうひとつは「涙の質」に異常がある蒸発亢進型。その原因のひとつとして最近注目されているのがマイボーム腺機能不全。涙は水、油、ムチンの3層でできていますが、油分が分泌されず蒸発してしまう病気です。まずは自分のドライアイの原因を確かめて適切な対処をしてください。
  3. マイボーム腺機能不全は加齢や動物性油脂の過剰摂取なども原因ですが、女性に多いのがアイメークの詰まりです。上下のまぶたの内側にあるマイボーム腺に汚れが詰まって油分の分泌を妨げているのです。アイメークは目に優しい専用リムーバーで目のキワまでしっかり落とすことを習慣にしてください。またホットタオルで目を温めて、詰まった汚れを溶かし出すのも効果があります。
MEMO
原因はドライアイ。加齢とともに目の潤いが不足しています。

 

2 エイジング予防

 

2-1 放っておくと怖い緑内障のリスク

目のエイジングでいちばん怖いのは、目の奥にある視神経がダメージを受け、視野が狭くなっていく「緑内障」です。

失明に至る原因の第一位で、40歳異常の20人に1人が罹患しているのです。

ただ初期は自覚症状がないことがほとんどで、60代になって症状が出てからでは手遅れです。

40歳を過ぎたら年に一度、眼底検査を含め目の定期検診を受けることをおすすめします。

早めに対処すれば眼圧を下げる点眼薬やレーザー治療で進行を遅らせられる可能性があります。

 

2-2 根本的な体質改善も効果的

緑内障を始め、視野の中央が歪んで見える加齢黄斑変性症などのます目の病気には血行不良による「冷え」と「酸化ストレス」が大きく影響しています。特に冷え性の人は緑内障の進行が早いという説もあります。

また紫外線やブルーライトなど活性酸素による酸化ストレスと眼病との関連性につても研究が進められています。

日差しが強くなる季節は必ずUVカット率の高いサングラスをかける、有酸素運動で代謝を上げ血行を促し、抗酸化作用のある良質なサプリメントを摂るなど、目のエイジングの予防のために日常生活の中でできることはたくさんあります。

MEMO
目のエイジングは生活習慣で予防できます。

 

3 まとめ

アラフィフ世代は老眼やドライアイなど、目にもエイジングの兆候が出始める時期です。

読書をするとき、スマホを見るとき、以前より見えにくくなって「あれ?視力落ちたかな?」と思うことありませんか?

それはきっと悲しいけれど老眼の始まりです。

目の不調を感じたら早めに眼科受診するようにしましょう。

最近はいろんなサプリメントもありますので、試してみてもいいかもしれません。

目のエイジングをすることで体全体の予防医療にもつながりますので、習慣づけてパーフェクトな若々しさを目指しましょう。

 

\合わせて読みたい/

アラフィフ世代のアンチエイジングに頭皮ケア アラフィフ女子はスムージーを飲んで健康にアンチエイジング

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です