\楽天roomやってるよ/

見つめ合うだけで癒やされる「幸せホルモン」とは?

 

見つめ合うだけで分泌される幸せホルモンがあるって知ってますか?

「オキシトシン」て名前、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

脳の下垂体部で作成、分泌されるホルモンで「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも言われています。

簡単に分泌されるのに、癒やし効果が絶大の「オキシトシン」

現代のストレス社会には必要不可欠なホルモンです。

オキシトシンについて書いています。

 

 

オキシトシンの効果

 

オキシトシンはギリシア語で「早く生まれる」という言葉が語源と言われています。

本来はママの母乳を出すためのホルモンですが、嬉しい、楽しい、気持ちいいと感じた時などに脳で作られます。

分泌されると優しい気持ちになったり、幸せな気分になるため

「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれています。

さらに繰り返しふれ合ったり、見つめ合うことで

分泌量がアップします。

  • 幸せな気分になる
  • 不安や恐怖心が減少する
  • 他者への信頼感が増す
  • 脳や心が癒やされる
  • 好奇心がたかまる

 

りこ

オキシトシンについては世界一受けたい授業でもやってたね

 

オキシトシンで科学的に幸せになる方法

 

1 手をつないで見つめ合う

話す内容は何でもいいので、見つめ合うことがポイントです。

相手を理解しようとする気持ちがオキシトシンの分泌を自然に促して、幸福感につながります。

 

2 大好物なものを食べる

大好物なものを食べて満足することで、オキシトシンが増加します。

 

3 ハグをする

好意のある人とハグをすることで、オキシトシンは平均50%増加します。

 

4 電話をかける

電話で信頼する人の声を聞くとオキシトシンが増加します。

 

5 アロマを嗅ぐ

オキシトシンは匂いにも反応します。

特に女性ホルモンの分泌を促す、セージなどがおすすめだそうです。

 

6 かわいい動物をみる

動物の映像を見るだけでも、愛おしい気持ちが湧いてきてオキシトシンが増加します。

愛犬と見つめ合ったり、触れ合うと、飼い主だけでなく犬のオキシトシンも増加することがわかっています。

 

7 好きな人の写真を見る

恋人や旦那さん、好きな芸能人などの写真を見るとオキシトシンが増加します。

 

8 マッサージをする

マッサージを受けるよりも、マッサージを「する」ほうがオキシトシンがより増加することがわかっています。

 

このほかにも、複数で協力して何かを成功させると達成感が得られてオキシトシンが増えるとも言われています。

 

 

オキシトシンに男女差はあるのか

 

ママの母乳を出すためのホルモンなので、女性の方がオキシトシンは出やすいと言われています。

また、小さい頃にたくさん抱きしめられた子供は大人になってもオキシトシンが出やすいこともわかっています。

 

まとめ

 

オフラインでの触れ合いが減少している今、明らかにオキシトシン不足になりやすいんですよね。

「幸せホルモン」と言われている「オキシトシン」

ストレスを癒やして心身ともに健やかに過ごしたいものです。

人と人との触れ合いや愛犬との触れ合いで、簡単に分泌されますのでぜひ試してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です